アパレル系

アパレル業界では、SNSやバナー広告などを活用した販促を行っている企業が少なくありません。しかし、IT全盛の時代であってもチラシやDMなど、紙媒体による宣伝活動は一定の効果が見込めます。また、DMを活用することで、インターネット媒体とは異なる客層へのアプローチが可能です。ここでは、アパレル系のDM作成のコツをご紹介します。

アパレルイメージ

アパレル業界における
DM作成のコツ

キャッチコピー:分かりやすく
魅力が伝わる言葉を選ぶべし

アパレル系のDMではまず、一瞬で興味を惹きつけるようなキャッチコピーを作りましょう。オシャレさやキレイさを意識しすぎるのはNG。DMを送付する理由や目的、商品・サービスの魅力が伝わるような、わかりやすいキャッチコピーが良いですね。 はがきタイプのDMの場合は、一瞬のインパクトを意識します。封筒タイプの場合は、中身が気になるようなキャッチコピーにすることで、開封を促すことが可能です。

挨拶文やお礼文:個人へ向けた
文章づくりを意識するべし

DMは、一対一のコミュニケーションツール。まずは来店への挨拶から始めましょう。 ポイントは、パーソナル感を出すことです。 「皆様へ」など不特定多数に向けて書かれた文章では、「自分が読む必要はないな」とスルーされる確率が高まります。「拝啓」や「突然のお手紙失礼いたします」から始まるビジネスライクな定型文ではなく、「いつもご来店ありがとうございます」「ご愛顧下さっている○○さまへ」」「年末年始のお出かけの準備はお済みでしょうか」など、礼儀をわきまえつつ、親しみのある文章を心掛けてください。季節に合った挨拶などを入れて、心情やタイムリー感を出すのもおすすめです。

DMの趣旨説明:短く分かり
やすい文章で。デザインにも
配慮するべし

商品・サービスの説明をわかりやすく行うことも大切です。ターゲット層を意識して、ターゲットにマッチした方法・説明文を考えましょう。文章は長いと読んでもらえないので、簡潔に、分かりやすく。「商品を一覧にして比較しやすくする」「物語仕立てで顧客を引き込むような手法をとる」など、デザインにも配慮して、要点をひと目で分かりやすくアピールするのもポイントです。

限られた紙面で情報を伝えきれない場合には、Webサイト、アプリへのリンク、QRコードなど表記しておくと、興味を持った顧客へ追加でアピールすることができるでしょう。

割引券やクーポン:DM限定の
特典で特別感を演出すべし

割引クーポンや来店時にプレゼントと引き換えられるクーポン、イベントへの参加券など、DMが届いた人だけに特典を用意するのも、特別感を演出できて良いですね。「限定」「特別」「あなただけ」といった言葉を盛り込むと、より選ばれたスペシャル感やお得感を演出でき、DMの反応率が高くなったり、購買・来店意欲を刺激することができます。

クーポンは、来店や購買につなげるだけでなく、DMの反応率を測るためにも用いられます。

DMを送る時期

ブランドイメージや顧客層に
合わせた時期を選んで

アパレル業界はシーズンアイテムの取り扱いがメインとなるため、DMを送る時期やタイミングが重要です。タイミングを逃してしまうと、DMの魅力が損なわれ、閲読率が低下するおそれがあります。

アパレル業界のDM作成に適した時期の目安は、以下の通りです。

  • 顧客の誕生日
  • セールの開催時期
  • 新作商品の入荷時期
  • 店舗独自のイベントや記念日(開店◎周年、リニューアルオープンなど)
  • イベント時期(クリスマス・バレンタイン・ハロウィン・父の日・母の日など)

すべてのタイミングでDMを出す必要はありません。取り扱っているアパレル商材、ブランドイメージや顧客層、反響などを参考に、効果的な発送を行いましょう。

DM発送の注意点

ターゲットに合わせた言葉遣い
を意識して

DMを作成する際には、ターゲットによって書き方を工夫する必要があります。顧客の年齢が高かったり、商品がハイブランドの場合には、丁寧な言葉を心がけましょう。 一方、カジュアルブランドなどでターゲット層が若い場合には、親近感のある口語表現を使った方が良いでしょう。

依頼はDM発送代行専門業者へ

インターネット主流の現代においても、一定の効果が見込めるアパレル系のDM。コツを押さえて作成すれば、着実に集客へつなげることができます。手書きや自作でも作成は可能ですが、自店の魅力をしっかりアピールしたいなら、専門の会社に依頼すると安心です。デザインから発送まで行ってくれる制作会社なら、お店や企業に合わせた効果的な企画提案などもしてくれるかもしれません。自作のチラシにマンネリ感が出てしまったり、反響が伸びない場合などは、ぜひ相談してみるといいでしょう。

TOPページでは、信頼性のあるDM発送代行専門業者を紹介しているので、こちらも参考にしてください。

信頼できるDM発送代行
専門業者を比較

企業ニーズ別DM発送代⾏会社おすすめ 2

「オンライン」「メーリングサービス」「ダイレクトマーケティング」それぞれにおいて、おすすめの企業を1社紹介します。 DM発送を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

オンライン代行
小ロット(1通~)のDMなら
【ラクスル】

引用元:公式HP
https://dm.raksul.com/

●コストカットで
嬉しい値段設定
●やり取り回数を減らし
翌日発送
メーリングサービス
大ロット(1万~20万通)のDMなら
【アドレス通商】

引用元:公式HP
https://www.adotsu.co.jp/dist/

●長年の経験と実績で
顧客の要望に柔軟に対応
●数万~数十万の
DM発送が可能