DM発送WEBマガジン│HASSOU » DM発送を効果的に活用するために 知っておくべき基礎知識

DM発送を効果的に活用する
ために知っておくべき
基礎知識

DM発送に関する基礎知識をまとめました。市場動向やDMの効果指標、開封率、Eメールとの違い、活用事例など、正しく理解して、DMを上手に活用して下さい。

DM業界の市場動向

株式会社電通「2020年 日本の広告」によると、2020年のDM広告費は3,290億円。総広告費に占める割合は5.3%で、インターネット、テレビ、新聞に次ぐ第4位でした。他の紙媒体の広告費が軒並み減少する中でも、ほぼ横ばい状態が続いており、デジタルコンテンツとの連携などさまざまな手法により、今後もさらなる成長が期待されています。

DM業界の市場動向を
チェック

DMの効果はどれぐらいある?

DMで安定的な効果を生むためには、検証や改善を重ねながら、内容をブラッシュアップすることが大切です。DMの効果を知るためには「評価指標」を用いるのが良いでしょう。ここでは、レスポンス率、総DM費、CPR(レスポンス獲得単価)、BEP(損益分岐点)といった各指標の意味と算出方法を解説。併せて、より反響率を上げるためのポイントもご紹介します。

DMの効果について
チェック

DMの開封率は?

2020年度のDMの開封率は63.1%でした。さらに、そこから実際に行動に移した人の割合は15.1%。年代別では、男女とも若い層が行動に移しやすい傾向にあることが分かっています。このため、DMによる行動喚起率を上げたい場合は、若年層にアピールするのがおすすめです。ここでは、DMの開封率を上げるための、3つのコツをまとめています。

参照URL:一般社団法人日本ダイレクトメール協会
(https://www.jdma.or.jp/upload/research/20-2021-000018.pdf)

DMの開封率について
チェック

メールとの違いは?

今やマーケティング手法として欠かせないDMとEメール。Eメールには、コストが安い・タイムリーに情報を届けられる・開封率などが可視化できるといったメリットがある一方、迷惑メール扱いされる・読まずに捨てられる可能性が高い、利用できるターゲットが限られる、などのデメリットもあります。メリット・デメリットをしっかり理解して、自社の商品・サービスに適した手法を選んで下さい。

メールとの違いを
チェック

DMのメリット・デメリット

一口にDMと言っても、はがきや封筒など郵送するもの、メール、FAXやTwitter等SNSなどで送るものなど、さまざまな種類があります。ここではその中から、郵便はがき、圧着はがき、封筒DMの3つについて、メリット・デメリットをご紹介します。それぞれの特徴を把握して、上手に活用して下さい。

DMのメリット・
デメリットを
チェック

DMの活用例

DM発送に必要な作業を全て請け負ってくれる、DM発送代行専門業者。ノウハウを持った発送代行会社に依頼することで、作業時間が削減できるだけでなく、集客やブランディング、コスト削減等も実現することができます。ここでは、老舗海苔店、個別指導塾、不動産会社それぞれの DM活用事例をまとめています。自社のDM発送に課題を感じている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

DMの活用例をチェック

DM発送の費用相場は?

DMを大きく分けると、「はがきDM」「圧着DM」「封書DM」「カタログ」の4種類。種類、1通あたりの重さ、発送する総数、発送業者により費用は異なるため、事前に「どのような種類・重さのDMを」「どの程度の量だけ発送するか」を明確にし、各業者の料金を比較してみることが大切です。ここでは、まずはDM発送の費用相場を確認し、その上で、少しでもDM発送料金を安くする方法についてご紹介しています。

DM発送の費用相場

チェック

コストカットに成功した事例

DM発送料を少しでも節約するため、自社スタッフで印字や封入、発送作業を行っているところがあるようです。確かに自社でDM発送を直接行えば、一見、発送料の節約にもつながりそうなイメージがありますが、実際には必ずしもそうとは言えません。DM発送代行業者に作業を一任したほうが節約につながる場合もあることを、担当者様は理解しておきましょう。ここでは、DM発送代行業者を利用してコストカットに成功した事例をご紹介します。

コストカットに
成功した事例を
チェック

DM発送代行の依頼から発送完了までの流れ

DM発送代行業者を利用したことのない担当者様にとってみれば、「手続きが面倒臭いので、今まで自社でやってきた流れを変えたくない」という方がいるかもしれません。しかしながら、実際にDM発送代行業者を利用してみると、意外にも手間がかからないことが分かります。ここでは、まだDM発送代行業者を利用したことのない担当者様に向け、DM発送代行の依頼から発送完了の流れまでをご紹介しています。

DM発送代行から
発送完了
までの流れをチェック

DMの反応率を上げるためにはどうすればいいか?

チラシとは異なり、DMはターゲットを決めて行う宣伝活動です。大きな経費がかかる以上、ターゲットをあやふやにして、やみくもに発送するやり方は得策ではありません。ここでは、DMの反応率を上げるための段取りや具体的な方法をご紹介します。反応率にお悩みの担当者様は、ぜひ参考にしてください。

DMの反応率を上げる
方法を
チェック

DMとチラシの違いとは?

DMはターゲットを決めて宣伝するツールであり、チラシはターゲットを絞らず多くの人の目に触れさせるためのツールです。同じく宣伝が目的ではありますが、両者の具体的な目的や方法、メリット・デメリットなどは大きく異なります。ここではDMとチラシの主な違いを解説していますので、自社の適切な宣伝ツールの選択にお役立てください。

DMとチラシの違いを

チェック

DM発送の見積りで確認するべきポイントは?

DM発送代行業者を選ぶ際に出してもらうのが見積りです。業者によって対応できる作業内容などにも違いがあるため、求めているサービスを期限内でおこなってくれるのか、そのためにどの程度の費用が掛かるのかを確認するために欠かせません。ここでは見積りを出してもらった際に確認しておくべきポイントについてまとめています。

見積りで確認するポイントを

チェック

DM発送代行業者はどう選ぶ?

DM発送代行業者を選ぶ際に押さえておきたいポイントがいくつかあります。費用以外にも対応している作業内容、発送方法などにも違いがあるため、より自社のニーズにあったサービスを提供してくれる業者を選ぶようにしましょう。

DM発送代行業者の選び方を

チェック

DMで重要なオファーとは?

新規のお客さんを獲得したりリピーターを増やしたりするためには、DMに効果的なオファーを付ける方法がおすすめです。適切な構成要素や使用すべきオファーの種類は、扱う商品やサービス内容によってそれぞれ異なるので、充分に検討しながらオファー内容を決定する必要があります。

DMで重要なオファーを
チェック

DM発送する時期によって開封率には影響がでる?

DMは開封されやすいタイミングがあり、ボーナスやイベント前など消費が高まる時期に発送するのが効果的だといえます。個人に発送するのであれば上記のようなお金や時間に余裕があるとき、会社宛に発送するのであれば繁忙期を避けるのが無難です。

DM発送する時期による開封率の影響を

チェック

DM発送する前に個人情報保護法についても押さえておこう

DMを発送する際は、個人情報の取り扱いに注意が必要です。改正個人情報保護法により、退会などで本人が不要になった際の利用停止の請求には、原則応じなければならなくなりました。いつでもDM発送を停止できる体制を整えておきましょう。

DM発送する前に押さえておきたい個人情報保護法を

チェック

DMで信書を送るのはNG?送る際の注意点とは

DMは信書に該当する場合と、該当しない場合があります。特定の受取人に対して、差出人の意思を表示するために送る、あるいは何らかの事実を通知するために送る場合は信書としてみなされます。ただし、大勢の人に向けた文書を発送する際は、特定の受取人ではないので信書には該当しません。

DMで信書を送るのはNG?送る際の注意点を

チェック

ビニール封筒と紙封筒は、どちらがDM反応率が良い?

ビニール封筒と紙封筒には異なる特徴があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。開封率についてはどちらが良いとは一概には言えません。訴求したい内容によって異なるため、DMの効果を最大限に活かせる方法で発送することが大切です。

ビニール封筒と紙封筒は、どちらがDM反応率が良い?を

チェック

窓付き封筒の種類とメリットデメリット

窓付き封筒にはいくつかの種類があり、種類によって適した使い方があります。窓付き封筒の工夫次第では、DMを効果的に発送することも可能です。ただし、郵便規制で注意しなければならない点があるので、ポイントを押さえておきましょう。

窓付き封筒の種類とメリットデメリットを

チェック

宛名のいらないタウンメールとタウンプラスとは?

タウンプラスは配達地域指定郵便のタウンメールのサービスを拡張したものです。タウンメールでは配送できない荷物の発送ができ、配送地域の特定のターゲットや特定のマンションに向けて、配送が可能になります。ポスティングとダイレクトメールの両方の長所を活かすことができます。

宛名のいらないタウンメールとタウンプラスとは?を

チェック

DMのフォントはどう選ぶ?

DMのイメージは、フォントの選び方によって良くも悪くも変化します。視認性・判読性・可読性・デザイン性と4つの基準を重視して、読者にとって読みやすく・分かりやすい・魅力的なフォントを選ぶことが大切です。

DMのフォントはどう選ぶ?を

チェック

DM発送ではCRMは必要?

CRMは、日本語では「顧客管理」や「顧客関係管理」と呼ばれています。単なる顧客に関するデータベースではなく、DM発送に活用することで、リピーターを創出しやすくなったり、離れた顧客へのアプローチがしやすくなったり、少なからずメリットがあります。

DM発送ではCRMは必要?を

チェック

バリアブルDMとはどのようなDM?

バリアブルDMは、宛先(顧客)ごとに内容の異なるオリジナルの挨拶状や案内状を送付できる注目のDM施策です。個々のユーザーだけでなく、異なる地域や店舗ごとにオリジナルのDMを送付できるなど、利便性の高さ営業効率の向上が期待できます。

バリアブルDMとはどのようなDM?を

チェック

【ニーズ別】DM発送代行会社おすすめ 3社

企業ニーズ別DM発送代⾏会社おすすめ 3

「オンライン」「メーリングサービス」「ダイレクトマーケティング」それぞれにおいて、おすすめの企業を1社紹介します。 DM発送を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

オンライン代行
小ロット(1通~)のDMなら
【ラクスル】

引用元:公式HP
https://dm.raksul.com/

●コストカットで
嬉しい値段設定
●やり取り回数を減らし
翌日発送
メーリングサービス
大ロット(1万~20万通)のDMなら
【アドレス通商】

引用元:公式HP
https://www.adotsu.co.jp/dist/

●長年の経験と実績で
顧客の要望に柔軟に対応
●数万~数十万の
DM発送が可能
ダイレクトマーケティング
ブランディング目的のDMなら
【フュージョン】

引用元:公式HP
https://www.fusion.co.jp/fumi

●DMで企業の思いを届けてユーザーを動かすFumi
●第三者から評価を受けるクリエイティブ力